第1回「憲法について考える集い in 戸田」のアンケート結果



<1> 今回の「集い」は何で知りましたか?

チラシ(7)  新聞折込(2) 知人から(5) その他(6) 家族/前回の案内/メイルで案内をもらった


<2> 時間(午後1時30分〜4時)はどうでしたか?

遅い(0) 早い(1) 長い(1) 短い(1・もっと聞きたい) ちょうどよい(15)


<3> 今日の「集い」はどうでしたか?

面白かった(10) つまらなかった(0) 期待通りだった(9) 期待外れだった(0)


<4> 今日の「集い」で感じたこと、考えたことを何でもお書きください。

・主語が「国は」となっていることや、「公共の福祉」から「公益や公の秩序」と言葉が変わっていることから、どのような視点で作られているのか透けて見えるかなと思います

・1時半を過ぎたらテーブルがいっぱいで椅子のみでした。資料を見たり、メモを取るのがとても大変でした。参加者が多いうれしい苦情ですが、テーブルがあるとよかったです。講座はとても興味深かったです。初めて聞くことが多かった。若い人にぜひ聞いてほしいです。

・参考になった。

・参議院選挙後の憲法の話、不安を感じる。一個人として関心をもっていきたい。

・樋川先生の話はむつかしいテーマを分かりやすくされた。資料の頁はA4用紙の裏表で綴りやすくしてほしい。

・たくさんの人が集まっているので感心した。今一番重要なテーマ。わかりやすかった。次回も期待したい。さらに参加者を増やしたい。

・文書を読んだだけでは、問題点も疑問点もわからない。説明を聞いてなるほどそういうことか!とうなづける。これからももっと深く理解するためにこのような学習会には参加したいと思います。今日のお話は歯切れもよく、わかりやすい話し方で時間があっという間に過ぎてしまいました。ありがとうございました。

・卒業生の樋川さんが弁護士に。それも憲法を話すと聞き、さいたま市から駆けつけました。自己紹介で話していた護民官の活動通り自民党の改憲草案について淡々とわかりやすく説明してくれました。むずかしい話を胸に落ちるように話せる大切さ。雅一さん期待しています。活躍を祈ります。樋川さん「おもしろい子ども」と記憶しています。

・今回の参議院選挙で安倍政権と補完勢力で3分の2の議席となり、憲法改正が現実的となってしまいましたが、まず何よりも、今日の平和が70年以上続いたのは世界に例のない平和憲法のお蔭なのだということを忘れてはならないと思います。ですから、私たちは、他の条文は変えられることがあっても9条だけは何としても守っていかなければならないと思います。

・少し利口になった様。

・だいたい理解出来ました。次回も参加予定。

・国民の中で憲法が国家権力を縛るものだというそもそもを知らない人が多い。そこから広めていかないとならないのかナと思う。おためし改憲などとソフト路線で入って行きかねない怖さを感じた。どうでもよいと思っている人にどのように危機感を伝えられるのだろうか。焦りを感じる。

・今回は第1回ということで自民党改憲草案を現行憲法との比較で中心的な問題点を講演されました。その点では、大変わかりやすく、概略的にも問題点をとらえることが出来ました。ありがとうございました。

・普段は憲法のことなど気にも留めていなかったので、今日は興味深く勉強させて頂きました。

・講師は若いが、非常によく学んでいる。これは大変な刺激。学び自分の意見を持ちかつそれを実行(行動)する姿勢は素晴らしい。オール戸田の企画、運営に尊敬をします。生活保障の実態は「辛いな」。自民党改憲案を学ぶことも、現憲法を学ぶことも大切で自分なりの考えを作る必要を感じた。危機感を抱いた。講師が自分の意見を作った過程を私もとりあたい。

・良。

・日本が岐路に立っていることがよくわかった。誰でもわかりやすい資料が必要だ。DXD があると学習しやすい。「無関心気づいたときはゆでガエル」にならないようにしなければ―。と思うのだが無関心層にどう働きかけたら良いのか悩む。憲法を身近なものにするには?「あたらしい平和憲法」(創価学会婦人部)を読んでほしい。今の学会とは真逆だが。

・樋川先生の憲法改正に関する現法と自民改憲の比較は参考になりました。自民党HPでQ&Aをチェックしてみようと思います。若い人の運動への参加について切に同感です。逃げ切り世界の我々老人世代よりも若い世代に危険な状況。

・会場いっぱいの人が参加されていて驚きました。友人を数人誘ったのですが直前だったこともあり、全員断られて良かったと思うほど人が多かったと思います。今回の講演は、自民党改憲案についての内容を解説してくださったのですが、私の友人レベルですと、「そもそも憲法って何?」という話を入れて頂けるともっとわかりやすかったかなと思います。今後も続けて下さるとお聞きしておりますが、ど素人の方のために「憲法の理解」をはじめに入れていただけると助かります。


<5> 今後、「オール戸田の会」では、「集い」を継続的に開催する予定です。本会の活動について、ご意見、ご要望をお聞かせください。

・戸田が投票率があがるようなアイデアや学校、市への呼びかけをしてほしいです。

・続けていくことが大切と思います。個人の尊厳から人よりも個人がよい。

・楽しみにしております。

・「今後の予定」は持ち帰りの資料の頁に入れてほしかった。

・広く文化活動をするのもよいと思う。とにかく続けることが大切。

・四條昇さんのアスベスト吸引による中皮腫。公務災害の判決が出た。20年から30年に発症する。憲法の観点で戸田の会で取り上げてほしい。若い人が集えるカフェ形式を検討してほしい。

・どうぞ続けていってほしいと思います。

・今回の参議院選ではどのような立場(?)で取り組まれたのですか?知りたいところです。

・今回の参院選は立憲主義を取り戻すことが一つの争点でした。立憲主義が問題になったように、まず大前提にあるのは、憲法は国民が政治家(権力者、公務員)をしばるものであり、自民党はこれを逆転させようとしている。厚顔無恥ぶりをもっと訴えていくべきと思います。

・何しろ定期的に行動(学習)を続けて下さい。若い人への要請は大切と同感。

・居住10年ですが、地の人間ではないですが、参加できてよかったと思います。(同じ考えの会ができて嬉しいです。

・会を続けていくために、私もお手伝いできるところはしたいと思います。